名古屋インビザライン マウスピース専門・アラインクチュールデンタルオフィス

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

インビザライン矯正治療における定期的な診察

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

アラインクチュールデンタルオフィスではインビザライン・システムによる歯列矯正治療を行うあたって、定期的な診察を重要と考えております。その一方で患者様にとってはなるべく通院の頻度は少ないほうが良いのも事実です。まずは、なぜ定期的な診察が必要かをご理解いただければと思います。

インビザライン矯正治療におけるオフトラッキング

インビザライン矯正治療では、アライナーと呼ばれる透明マウスピース型矯正装置を装着して歯牙を移動させる矯正システムです。
1つのアライナーを1週間装着したうえで次のアライナーに進むわけですが、その段階で予定通り歯が移動していないことが多々あります。予定通りに歯が移動していないにもかかわらず次のアライナーに進んでしまうと、アライナーと歯の間のギャップが徐々に大きくなっていきます。このギャップをオフトラッキングと呼びます。

このようにオフトラッキングが起こってしまっている状態では、アライナーを装着していても歯が移動していなという結果になってしまいます。

オフトラッキングはなぜ起こる?

オフトラッキングが起こる理由は次の4つに分けられます。

1)患者サイドでの装着時間が基準の20時~22時間を満たしていない
2)アライナーを装着した後のチューイングが適切に行われていない
3)歯牙に設置したアタッチメントが脱離している
4)歯の移動計画に問題がある

1、2は患者サイドの問題であり、3,4は医院再度の問題となります。

大きなオフトラッキングが起こると大幅な期間延長も

写真のようなオフトラッキングが起こってしまった場合には、次の2つの方法が考えられます。
1)直ちにアライナーの使用を中断し、新たにすべてのアライナーを作り直す
2)アライナーのステージアップを止め、補助的な装置を使用しオフトラッキングが改善するまで待つ

このような状態になると治療がストップしてしまうので治療期間が大幅に延びてしまうことにつながります。

オフトラッキングを起こさないために

インビザライン矯正治療ではオフトラッキングが起こらなければ治療は7~8割成功といっても過言ではありません。
アラインクチュールデンタルオフィスでは、毎回の定期的な診察の際に、目では確認できないミクロのオフトラッキングを検知するプログレスアセスメントというソフトウェアを導入しております。

インビザライン矯正治療を成功に導くために

インビザライン・システムは、アライナー(透明マウスピース型矯正装置)を1週間ごとに交換しながら段階的に歯牙をいどうしていく歯列矯正システムです。このため段階に応じた歯牙の移動が確実におこなわれていなければ、歯牙は最終的な目標位置に到達できません。

このため2カ月に一度の定期的な診察をお勧めいたします。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

ご相談は矯正治療のスペシャリストに
まずは当院の特徴を知ってください。