名古屋インビザライン マウスピース専門・アラインクチュールデンタルオフィス

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

オートクチュールの歯科矯正にこだわり抜いている竹内先生は、 まるで凄腕の「職人」のよう。絶対的な安心感与えてくれます。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

歯科矯正をはじめたのは、人間的魅力にひかれたから

竹内先生と出会ったきっかけは仕事。2年ほど前、クリニックのブランディングをお手伝いしました。「インビザラインの名古屋初の専門クリニックとして、患者さまのご要望に応えたい」という熱い思いを聞き、しだいに先生自身の人柄に魅力を感じるように。

実は、最初は歯科矯正をしたいとは思ってなかったんです。なんとなく噛み合わせが悪く、笑ったときにきれいに歯が見えない。子どものころから、そう感じてはいましたが、悩むほどではなかったので。でも、ふと浮かんだ「この先生はどんな治療をするんだろう?」という興味と、「自分がブランディングを手がけたクリニックで、歯科矯正を受けてみるのも、アートディレクションの完成形としてもおもしろいかも」という好奇心が、背中を押してくれました。こうして、わたしの歯科矯正は、突然はじまったのです。

続けるために大切なのは、ストレスをためないこと

「これはすごい」。口内のスキャニングデータをもとに制作されたムービーを見て感動!矯正後の歯並びをリアルにイメージできることは大きなメリットでした。その後、実際にアライナーをつけてみると、「コーヒーやお茶は飲んでいいの?」「寝るときも噛み合わせを意識するべき?」など、意外に細かいことが気になりだしました。そんなとき、ありがたかったのがショートメールで気軽に先生に相談できたこと。素早く的確に返信してくれるので、ストレスなく続けられました。

まだ治療中ですが、歯並びが整ってきた実感はとてもあります。笑顔に自信がついたせいか、家族とも柔らかい表情でコミュニケーションできるように。「顎のラインがシャープになった」「顔が小さくなった」「痩せた?」ともよく言われます。持病の副鼻腔炎や頭痛の改善もうれしい効果でしたね。

自分以上に自分の歯を知り、気にかけてくれる存在

定期健診に行くのが楽しみです。効果が目の当たりに見られるから。竹内先生に「よくなってきてますよ、がんばってますね」と褒められると素直に嬉しい。逆にアライナーの装着をさぼるとすぐにばれます!それぐらい綿密に歯の状態を把握してくれているということ。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
credit

執筆者

株式会社 レンズアソシエイツ
代表取締役/クリエイティブディレクター

矢野まさつぐ Masatsugu “GATE” Yano

1974年愛知県刈谷市生まれ。2004年1月 design studio OPENENDS 設立。2007年10月1日(デザインの日) 株式会社オープンエンズへ組織変更。2014年1月6日(色の日)デザイン事務所3社を合体させる形で株式会社レンズアソシエイツ設立。企業の抱える課題を解決するため、ビッグデータに頼らない独自の「パラノイドマーケティング」を武器に、想像・発想・決断・段取り・実行・改善のサイクルを圧倒的スピードで回転させることを意識したブランディングを得意としている。代表を務めるレンズアソシエイツは世界三大広告賞といわれる「Cannes Lions」「One Show」「CLIO AWARDS」を連続受賞し、今世界が注目するクリエイティブ集団。

愛知県立芸術大学 非常勤講師

同じ執筆者の記事はこちら

監修者

インビザラインカファルティ*医療法⼈きらめき理事⻑
アラインクチュールデンタルオフィス名古屋院院⻑

⽵内 敬輔 Keisuke Takeuchi

20年の矯正治療経験を持ち、インビザライン1,900症例を含む4,900症例(2022年5月現在)を手がけている。その経験の豊富さからインビザライン関連の講演を多数行なっており、日本だけでなく海外のドクターたちに対しインビザライン治療の教育をおこなっている。 *インビザラインカファルティとは インビザラインを⾏う先⽣⽅の指導を⾏うポジション (2022年3⽉現在国内22名)

同じ監修者の記事はこちら

ご相談は矯正治療のスペシャリストに
まずは当院の特徴を知ってください。

当院の紹介

当院では、矯正治療のスペシャリストが
あなただけの治療を行います。

インビザライン矯正治療の
スペシャリスト