マウスピース矯正専門の名古屋・栄にある矯正歯科ならアラインクチュールデンタルオフィス名古屋栄院

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

インビザライン矯正の治療の流れ ゴムかけ

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

ゴムかけとは

小さな輪ゴムを患者様ご自身で歯やマウスピースにかけてもらって、歯を動かす補助の役割があります。必ず皆さん使用するというわけではないですが、使用する必要がある方はとても多いでしょう。ゴムのサイズは様々で直径 3.0㎜ くらいから 8.0㎜くらいまで本当にいろいろな種類あります。このゴムを基本的にはお食事の度に新しいゴムに替えてもらいます。ゴムを頻繁に替える(1日3回交換等)理由は、ずっと同じゴムを使用していますとゴムが弱ってしまい期待する役割を果たせなくなるからです。お口の中は実はとても過酷な環境です。熱いものを食べたかと思えば冷たいものを飲んだり、また常に唾液で濡れています。そのような環境で長時間ゴムを使用するとすぐに劣化して弱ってしまいます。従いまして、お食事の度に新しいゴムに替える事はとても重要です。
個人的にはインビザライン(マウスピース)矯正の最初の壁と思っています。もちろん皆さん1、2週間ですぐに慣れますが、ゴムかけ初日は唖然とする方もいます。でも皆さん慣れたら鏡も見ずにささっと装着できるようになりますのでご安心くださいね!

東京銀座にて矯正歯科をお探しの方へ

アラインクチュールデンタルオフィス東京は、東京・銀座にあるインビザライン(マウスピース矯正)に特化した矯正歯科です。「最高レベルの歯列矯正を最適な費用で。」をコンセプトとし皆様のご来院をお待ちしております。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
credit

執筆者

ALIGN COUTURE DENTAL OFFICE TOKYO
アラインクチュールデンタルオフィス東京 院長
米国アライン・テクノロジー社認定インビザラインドクター

與儀 賢 Satoshi Yogi

大学病院矯正歯科にて矯正歯科臨床および学生教育に従事、大学病院退職後は都内矯正歯科専門クリニックに勤務しながら並行して関東の複数のクリニックで矯正治療を担当した。日々の診療の傍ら積極的に講習会等へ参加し、現状に満足せず常に研鑽を重ねている。

同じ執筆者の記事はこちら

ご相談は矯正治療のスペシャリストに
まずは当院の特徴を知ってください。

初診診察についてはこちら

初診診察のご案内