マウスピース矯正専門の名古屋・栄にある矯正歯科ならアラインクチュールデンタルオフィス名古屋栄院

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

インビザライン矯正の治療の流れ チューイー

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

前回からの続きです。今回はチューイーについて書きました。

チューイングは地味だけど重要

インビザライン矯正に欠かせないもの、チューイーと呼ばれる弾力がある円柱状(形は様々です)のゴムがあります。アライナー(マウスピース)を装着時は最後にそのゴムを噛んでもらいます。どういう理由かと言いますと、アライナー(マウスピース)は装着時指で押し込むのですが、それだけですときちんと入りきらないことが多々ありますので、アライナー(マウスピース)装着し指でギュギュっと押し込んで後、チューイーを噛んで装着完了となります。とてもとても地味な作業ですがそれこそとても重要です。チューイングは、インビザライン矯正に慣れてくるとおろそかになりがちですが、すぐアンフィットにつながるのでしっかりとやりましょう!ご自身の為です。

東京銀座にて矯正歯科をお探しの方へ

アラインクチュールデンタルオフィス東京は、東京・銀座にあるインビザライン(マウスピース矯正)に特化した矯正歯科です。「最高レベルの歯列矯正を最適な費用で。」をコンセプトとし皆様のご来院をお待ちしております。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
credit

執筆者

ALIGN COUTURE DENTAL OFFICE TOKYO
アラインクチュールデンタルオフィス東京 院長
米国アライン・テクノロジー社認定インビザラインドクター

與儀 賢 Satoshi Yogi

大学病院矯正歯科にて矯正歯科臨床および学生教育に従事、大学病院退職後は都内矯正歯科専門クリニックに勤務しながら並行して関東の複数のクリニックで矯正治療を担当した。日々の診療の傍ら積極的に講習会等へ参加し、現状に満足せず常に研鑽を重ねている。

同じ執筆者の記事はこちら

ご相談は矯正治療のスペシャリストに
まずは当院の特徴を知ってください。

初診診察についてはこちら

初診診察のご案内