マウスピース矯正専門の名古屋・栄にある矯正歯科ならアラインクチュールデンタルオフィス名古屋栄院

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

歯科用CBCTについて

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
院内のチェアー

矯正治療でなぜCTを撮影するのか

アラインクチュールデンタルオフィス東京銀座院では、精密検査時に顎全体を診るパントモ、矯正治療特有のセファロという二次元のレントゲン写真(X線)とともに、歯科用CBCTも撮らせて頂いております。
CTを撮る理由としましては骨を三次元的に見ることができますので顎の骨量等、顎骨の状態を正確に把握する事ができます。側方拡大や遠心移動を計画したい時に、はたしてそれが本当に可能なのかどうかを判断することができます。これは従来の二次元のレントゲンのみでは難しいでしょう。したがいまして当デンタルオフィスでは診断をおこなう上でもCTの情報は非常に重要だと考えております。
またインビザライン矯正治療におきましては、今年よりCTのデータをクリンチェック(治療のシミュレーション)に結合できるようになりました。これにより歯冠(歯の頭の部分)だけでなく歯根の情報も視覚的に見ることができるようになりましたので、より精密により正確に治療計画を作成することができるようになりました。これはとてもとても大きなアドバンテージだと思います。
矯正治療ももちろん医療ですので、安心安全が一番だと僕は考えております。

東京銀座にて矯正歯科をお探しの方へ

アラインクチュールデンタルオフィス東京は、東京・銀座にあるインビザライン(マウスピース矯正)に特化した矯正歯科です。「最高レベルの歯列矯正を最適な費用で。」をコンセプトとし皆様のご来院をお待ちしております。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
credit

執筆者

ALIGN COUTURE DENTAL OFFICE TOKYO
アラインクチュールデンタルオフィス東京 院長
米国アライン・テクノロジー社認定インビザラインドクター

與儀 賢 Satoshi Yogi

大学病院矯正歯科にて矯正歯科臨床および学生教育に従事、大学病院退職後は都内矯正歯科専門クリニックに勤務しながら並行して関東の複数のクリニックで矯正治療を担当した。日々の診療の傍ら積極的に講習会等へ参加し、現状に満足せず常に研鑽を重ねている。

同じ執筆者の記事はこちら

ご相談は矯正治療のスペシャリストに
まずは当院の特徴を知ってください。

初診診察についてはこちら

初診診察のご案内