マウスピース矯正専門の名古屋・栄にある矯正歯科ならアラインクチュールデンタルオフィス名古屋栄院

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

矯正治療と親知らず

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

親知らずは必ず抜くのか?

患者さまによく聞かれる事の一つに、親知らずの事があります。
「親知らずがあるんですけど、抜きますよね?」とよく聞かれますが、もちろん必ず抜くわけではございません。
矯正治療で親知らずを抜く必要がある場合は、歯を動かしていく上で親知らずが邪魔になる場合です。
例えば、よくあるのは、遠心移動(歯を後ろに動かす)を計画すると明らかに親知らずとぶつかる事が予想される場合です。
矯正治療において親知らずも移動させる事はあまりありません。理由は親知らずがちゃんと生えている事が少ないからです。完全に埋まっている親知らずはもちろんの事ですが、少しだけ見えている親知らずなどは動かすことができません。よって、他の歯の移動の妨げになる親知らずは抜歯となるわけです。
となりますと、逆に邪魔でなければ抜かなくてよいということになります。ここは担当するドクターの判断になりますが、私は矯正治療計画上邪魔でなければ抜かなくてもよいと判断します。
しかしながら、例外はあります。それは、矯正治療とは関係ありませんが、親知らずが虫歯になっている場合です。親知らずは一番奥に生えてくる歯です。一番奥なので歯磨きも難しいことがあります。従いまして虫歯にも大変なりやすいです。よって治療しても再度虫歯になりそれを繰り返すことが多いので、その場合はもう抜歯した方がよいと判断されることがあります。

東京銀座にて矯正歯科をお探しの方へ

アラインクチュールデンタルオフィス東京は、東京・銀座にあるインビザライン(マウスピース矯正)に特化した矯正歯科です。「最高レベルの歯列矯正を最適な費用で。」をコンセプトとし皆様のご来院をお待ちしております。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
credit

執筆者

ALIGN COUTURE DENTAL OFFICE TOKYO
アラインクチュールデンタルオフィス東京 院長
米国アライン・テクノロジー社認定インビザラインドクター

與儀 賢 Satoshi Yogi

大学病院矯正歯科にて矯正歯科臨床および学生教育に従事、大学病院退職後は都内矯正歯科専門クリニックに勤務しながら並行して関東の複数のクリニックで矯正治療を担当した。日々の診療の傍ら積極的に講習会等へ参加し、現状に満足せず常に研鑽を重ねている。

同じ執筆者の記事はこちら

ご相談は矯正治療のスペシャリストに
まずは当院の特徴を知ってください。

初診診察についてはこちら

初診診察のご案内