マウスピース矯正専門の名古屋・栄にある矯正歯科ならアラインクチュールデンタルオフィス名古屋栄院

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

小児矯正(一期治療)について

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

子供の矯正治療とは

最近はお子様の矯正相談が増えてきています。
お子様の矯正はどういうものなのかは分かりにくいようです。
アラインクチュールデンタルオフィス東京銀座院ではお子さんの矯正をどのように考えているかご紹介していきます。

大人の矯正の子供版?

よく混同されているのが、大人の矯正治療と子供の矯正治療はやる時期が早いか遅いかの違いでやることは同じでしょということです。違います、同じではありません。たとえば子供の矯正では、全ての歯にブラケットをつけてワイヤーを通し歯一本一本をコントロールするということはありません。2×4など一部分ワイヤーでコントロールすることはありますが大人の矯正とは違います。

子供の矯正の実際

優先的に治療した方がいいのは、前歯が逆に噛んでいる(受け口さん)お子さんです。
前歯が逆に噛んでいるのを放っておいて自然に治ることはまずありません。
したがいまして、矯正治療で正しい噛み合わせにしないと成長とともに本格的な受け口さん(骨格性)なってしまいます。
子供の矯正は主に、大人の歯(永久歯)がきちんと生えてくる為のスペース作りです。スペースが足りないと、歯が重なり合ってしまったり、歯が完全に生えないで途中で止まったりします。そのために、よくおこなわれるのが側方拡大という方法です。歯列(歯の並び)が小さい場合は横に広げてあげてスペースを作ります。顎の骨が小さい場合は顎の骨自体を横に広げる急速拡大という方法もあります。

子供の矯正の終わり

子供の矯正は、子供の歯(乳歯)が抜けて歯が全部大人の歯(永久歯)になるまで経過観察します。
最後に生えてくる大人の歯は前から数えて7番目の歯(親知らずは除く)で、個人差はありますがだいたい12歳前後です。
このお話をすると皆さん治療期間が長いと感じるようで驚かれる方が多いですが、12歳頃までずっと毎月通院する事は無く、時期によっては数か月に一回の来院となり来院頻度は一定ではありません。

大人の矯正への移行

子供の矯正が終わったら、基本的には大人の矯正に移行します。
それは先ほど書きましたが、子供の矯正では歯一本一本はコントロールしないからです。子供の矯正はスペースづくりが主です。
もちろん患者様(おうちの方)が望まなければ移行しませんが、たとえば子供の矯正だけで歯が綺麗にビシッと並ぶ(大人の矯正がいらない)ことは少ないでしょう。
大人の矯正をやることが前提ならば子供の矯正をやる意味があるのかと、大人になってからやればいいじゃないかと言われることもあります。そういう考えもあるかもしれません。しかしながら、子供の矯正をおこなうことでスペースを作ることができれば大人の矯正に移行しても歯を抜かずに済みますし、もしスペースを作ることが難しくても大人の矯正治療の難易度を下げることができます。また、前歯が逆に噛んでいる(受け口さん)場合は嚙み合わせを正しくすることで骨格性の問題にならずに済むこともあります。
以上より、子供の矯正(一期治療)は非常に重要であることが分かると思います。
アラインクチュールデンタルオフィス東京銀座院はお子さんの矯正治療もおこなっておりますので、ぜひご相談くださいませ。

東京銀座にて矯正歯科をお探しの方へ

アラインクチュールデンタルオフィス東京は、東京・銀座にあるインビザライン(マウスピース矯正)に特化した矯正歯科です。「最高レベルの歯列矯正を最適な費用で。」をコンセプトとし皆様のご来院をお待ちしております。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
credit

執筆者

ALIGN COUTURE DENTAL OFFICE TOKYO
アラインクチュールデンタルオフィス東京 院長
米国アライン・テクノロジー社認定インビザラインドクター

與儀 賢 Satoshi Yogi

大学病院矯正歯科にて矯正歯科臨床および学生教育に従事、大学病院退職後は都内矯正歯科専門クリニックに勤務しながら並行して関東の複数のクリニックで矯正治療を担当した。日々の診療の傍ら積極的に講習会等へ参加し、現状に満足せず常に研鑽を重ねている。

同じ執筆者の記事はこちら

ご相談は矯正治療のスペシャリストに
まずは当院の特徴を知ってください。

初診診察についてはこちら

初診診察のご案内