マウスピース矯正専門の名古屋・栄にある矯正歯科ならアラインクチュールデンタルオフィス名古屋栄院

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

歯を並べるためのスペースを作る方法

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

歯を抜く(抜歯)

一番確実にスペースを作る方法で、昔からある方法です。抜く歯の種類や抜く本数は患者様それぞれのお口の中の状況によって違います。ただやみくもに抜くわけではないです。きちんと検査結果を分析した上で計画します。

拡大する(側方、前方)

歯列を拡大することによってスペースを作ります。側方(横方向)拡大と前方拡大があります。ワイヤーやマウスピース単独でではなく、拡大用の装置を使用することもあります。拡大ももちろん、検査結果を分析することによって可能かどうか判断します。

歯を奥に移動させる(遠心移動)

奥歯から順々に奥(喉側)へ移動させていきスペースを作る方法です。ワイヤー矯正においては、歯科矯正用アンカースクリューを併用することが多いです。インビザライン(マウスピース矯正)ではワイヤー矯正よりはシンプルに動かせることが多いです。こちらももちろん検査結果を分析し可否を判断します。

歯と歯の間を削る(IPR、ディスキング)

削る歯種によりますが、削る量は多くても一箇所 0.5㎜ 程度、基本的には複数箇所おこなうことが多いです。「削る」というと抵抗がある患者様もおりますが、IPR をすることによって(拡大なども併用して)抜歯を避けることも可能になる場合があります。

まとめ

上記に上げた方法は、単独でおこなうこともありますがそれぞれ併用することが多いです。そして必ず検査結果を分析してからおこないます。分からないことは小さい事でも質問して納得してから治療を受けましょう。

東京銀座にて矯正歯科をお探しの方へ

アラインクチュールデンタルオフィス東京は、東京・銀座にあるインビザライン(マウスピース矯正)に特化した矯正歯科です。「最高レベルの歯列矯正を最適な費用で。」をコンセプトとし皆様のご来院をお待ちしております。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
credit

執筆者

ALIGN COUTURE DENTAL OFFICE TOKYO
アラインクチュールデンタルオフィス東京 院長
米国アライン・テクノロジー社認定インビザラインドクター

與儀 賢 Satoshi Yogi

大学病院矯正歯科にて矯正歯科臨床および学生教育に従事、大学病院退職後は都内矯正歯科専門クリニックに勤務しながら並行して関東の複数のクリニックで矯正治療を担当した。日々の診療の傍ら積極的に講習会等へ参加し、現状に満足せず常に研鑽を重ねている。

同じ執筆者の記事はこちら

ご相談は矯正治療のスペシャリストに
まずは当院の特徴を知ってください。

初診診察についてはこちら

初診診察のご案内