マウスピース矯正専門の名古屋・栄にある矯正歯科ならアラインクチュールデンタルオフィス名古屋栄院

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

部分矯正について

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

前歯だけが気になります。

非常に多い主訴です。そしてそのような方はだいたいが部分矯正を希望されます。
部分矯正は一部分のみ(上の前歯だけ等)を治療対象とする矯正治療です。実は部分矯正の本来の適応症例は空隙歯列(すきっ歯)なんです。その隙間を閉じてキレイに歯を並べます。では前歯が凸凹している(重なり合っている)歯並びの方はどうすると思いますか?凸凹している歯並びの方は歯を並べるスペースが足りないので単純にはいきません。じゃあどうするかというと、IPRやディスキングと言って歯と歯の間を複数個所少しずつ削ってスぺースを作り並べていきます。それでも並びきらない(スぺースが足りない)場合は唇側傾斜(歯を前に倒す)させてスペースを作ります。一部分のみという限られた中で歯並びを治していくので、噛み合わせなどは妥協せざるを得ない事もあります。それでも様々な理由から部分矯正を希望される方は多くいらっしゃいます。ぜひ遠慮なくご相談して頂けましたら、一緒に最善の治療計画を考えていきたいと思います。

東京銀座にて矯正歯科をお探しの方へ

アラインクチュールデンタルオフィス東京は、東京・銀座にあるインビザライン(マウスピース矯正)に特化した矯正歯科です。「最高レベルの歯列矯正を最適な費用で。」をコンセプトとし皆様のご来院をお待ちしております。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
credit

執筆者

ALIGN COUTURE DENTAL OFFICE TOKYO
アラインクチュールデンタルオフィス東京 院長
米国アライン・テクノロジー社認定インビザラインドクター

與儀 賢 Satoshi Yogi

大学病院矯正歯科にて矯正歯科臨床および学生教育に従事、大学病院退職後は都内矯正歯科専門クリニックに勤務しながら並行して関東の複数のクリニックで矯正治療を担当した。日々の診療の傍ら積極的に講習会等へ参加し、現状に満足せず常に研鑽を重ねている。

同じ執筆者の記事はこちら

ご相談は矯正治療のスペシャリストに
まずは当院の特徴を知ってください。

初診診察についてはこちら

初診診察のご案内