名古屋インビザライン マウスピース専門・アラインクチュールデンタルオフィス

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

下顎前突について

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

下顎前突とは、上下顎前歯が逆被蓋を呈する上下顎歯列弓関係の不正を総称するもので、欧米人に比べて日本人に多いと言われている。

骨格性下顎前突

上顎骨の劣成長または下顎骨の過成長もしくはその両者により、下顎骨が上顎骨に対して前方に位置する骨格パターンによって下顎歯列弓が上顎歯列弓より近心に偏位している状態を言います。

顎性下顎前突、構造性下顎前突、真性下顎前突とも呼ばれ、先天的要因によるものが多いとされています。

歯槽性下顎前突

上下顎骨間に前後的な偏位はないが、下顎歯列弓または下顎前歯が上顎のそれより相対的に近心に位置する状態を言います。

乳歯と永久歯の交換期の異常や口腔不良習癖によって起こり、歯性下顎前突、機能性下顎前突、仮性下顎前突とも呼ばれます。

下顎前突の治療

1)乳歯咬合期における治療

反対被蓋部が左右犬歯間に及び、ターミナルプレーンがメジアルステップタイプの骨格性のものには、オトガイ帽装置を使用して下顎の成長抑制に重点が置かれる。

下顎が後方へ可動する機能性のものは、咬頭干渉や早期接触部の削合を行う。またアクチバトールなどの機能的矯正装置による治療も行われる。

2)混合歯咬合期における治療

①歯槽性下顎前突

アクチバトール、顎間固定装置、舌側弧線装置、切歯斜面版、上顎ライトワイヤー拡大装置などを使用して、早期に前歯部の被蓋改善を行う。オトガイ帽装置の併用は、歯槽性下顎前突であっても極めて効果的である。

②骨格性下顎前突

上顎骨の劣成長には上顎前方牽引装置や拡大装置を用い、下顎の過成長にはオトガイ帽装置を使用して、上下の顎関係の改善をはかる。

3)永久歯咬合期における治療

①歯槽性下顎前突

上下顎前歯1歯または2歯のみの転位によるものは舌側弧線装置や床矯正装置を使用する。また、前歯部全体の被蓋の改善にはマルチブラケット装置、機能的矯正装置などが用いられ、症例によっては小臼歯の抜歯が行われる。この場合も成長発育途中の場合は、オトガイ帽装置の併用は治療効果を高める作用がある。

②骨格性下顎前突

一般的には小臼歯または大臼歯の必要抜歯を伴うマルチブラケット装置による治療が行われ、下顎の成長抑制、成長方向の誘導、下顎性の遠心移動が期待できる症例ではオトガイ帽装置、上顎骨の劣成長や狭窄を伴う症例には上骨前方牽引装置、上顎拡大装置を併用する。

また、矯正治療のみでは改善できないほど骨格的な不正が大きい症例には外科的矯正治療の適応となる。

③機能性下顎前突

中心咬合位において第一大臼歯の咬合関係がアングルⅢ級であっても、下顎がアングルⅠ級の状態まで後退が可能で、閉口時に切歯部に早期接触があり、下顎が誘導されて下顎近心咬合となるものは機能性下顎前突であり、オトガイ帽装置、マルチブラケット装置、機能的矯正装置、顎間固定装置などによる早期接触部の治療が必要である。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
credit

執筆者

医療法⼈きらめき 理事⻑
アラインクチュールデンタルオフィス名古屋 院⻑
インビザライン社ファルカルティ* ※公式認定講師
インビザラインダイアンモンドプロバイダ ※6年連続
インビザラインファースト部門世界シェア第1位 ※2019年

竹内敬輔 keisuke takeuchi

愛知学院大学歯学部卒業後、北海道の矯正歯科にて研修を積み、2004年に愛知県にて子供向けの矯正歯科/小児歯科を開業。2014年にインビザライン・システムのライセンスを取得し、2015年に名古屋市では初となるマウスピース専門の矯正歯科であるアラインクチュールデンタルオフィスをオープン。また、2019年には銀座院もオープンした。20年の歯列矯正治療の経験を持ち、インビザライン・システム1,900症例を含む4,900症例(2022年5月現在)を手がけており、2019年には子供向けのインビザライン・ファースト部門で16万人を超えるドクターの中で世界シェア第1位を獲得している。その経験の豊富さから日本だけでなく海外の歯科医師たちに対し歯列矯正治療及びインビザライン・システムの教育や講演を多数行なっており、2021年よりインビザライン社のファカルティを務めている。

ご相談は矯正治療のスペシャリストに
まずは当院の特徴を知ってください。