名古屋インビザライン マウスピース専門・アラインクチュールデンタルオフィス

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

10年来の悩みが2年で解決。出会えてよかった。 信頼できる竹内先生とストレスの少ないインビザライン矯正に。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

「これが最後の歯科矯正になる」と確信できました

「こんなうまい話あるのかな?」。最初は半信半疑でした。家族でもう何年もワイヤー矯正を続けてきたものの、満足できる結果が得られてなかったから。「2年ほどできれいな歯並びになりますよ」という竹内先生の言葉に正直驚いたんです。長男は、ワイヤーが邪魔で歯磨きをさぼり歯茎が腫れていた状態。長女は、中学から吹奏楽をやりたかったけれど、以前のクリニックからは反対されていました。「納得できない治療は続けたくない」と打開策を探していたときに、出会ったのがこのクリニック。

初診時に現在の歯並びから完成形までのプロセスを映像で見られたのは大きな説得力がありました。さらに、どんな些細な質問にも丁寧に応えてくれる竹内先生とお話して、半信半疑の気持ちはどこかへ。代わりに芽生えたのは、「これが最後の歯科矯正になる」という確信でした。

患者さまを第一に思う姿勢も、このクリニックの魅力

子どもたちの歯並びが劇的に変わっていくのを目の当たりにして、わたしも始めることに。ワイヤーで唇が傷いたり、固いものを食べられないという負担がなく、次のアライナーに進んでも、違和感があるのは最初の1、2日ぐらい。逆に自然過ぎて、長女はつけ忘れて学校に行ってしまうほど!同じ歯科矯正でも、ワイヤー矯正と、人間工学に基づいたインビザライン矯正とでは、まったくアプローチが違うと感じます。

また、きめ細かい対応もこのクリニックの魅力です。先日、わたしの前歯のラミネートべニアがはがれてしまうアクシデントが。夜分にも関わらず竹内先生にメールで相談したところ、すぐに治療をしてくれる歯科医師を紹介してくれました。矯正治療とは直接関係ない分野なのに、そこまで親身になってくださる。竹内先生の真摯な姿勢が伝わってきました。

納得から満足へ。日々、実感できるうれしい変化

全員がまだ治療中ですが、長男は歯並びが変わっていく実感がモチベーションになり、しっかり自己管理ができるように。精神的にも成長しました。長女は、笑ったときの歯茎が気にならなくなり、念願の吹奏楽部で楽しそうに練習しています。実は、わたしもうれしいことが!別のクリニックの歯科衛生士に「歯並びが美しくなりましたよね。どこの矯正歯科に転院されたんですか?ぜひ、教えてください」と尋ねられたんです。

インビザライン矯正に出会えてよかったと心から思います。納得できない治療を続けるのは、肉体的にも精神的にもつらいものです。だからこそ、最初に完成イメージを共有できたことは、大きな安心感がありました。そして、それを実現する竹内先生の技術がすごい。最近では、「うまい話ってほんとにあるんだね」と子どもたちと話してるんですよ。

治療症例

【遼裕くん】来院した時には、前医院でのマルチブラケット装置が装着されている状態でした。既に 10 年近くに 渡って治療を継続しており、むし歯や歯周病にも罹患していました。
【遼裕くん】1年 10 カ月程度の期間インビザラインアライナーを装着し、良好な結果を得ることができました。

治療症例

【理紗子さん】来院した時には、前医院でのマルチブラケット装置が装着されている状態でした。まだ第 2 大臼歯が萌出しておらず、成長も見込めたためインビザラインに MA (マンディブラーアドバンスメント)という装置を付帯させました。
【理紗子さん】1年5カ月程度の期間インビザラインアライナーを装着し、歯並びをととのえつつ、下顎の前方誘導を行い、良好な結果を得ることができました。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
credit

執筆者

佐久間 真千子 Machiko Sakuma

遼裕 Ryosuke

理紗子 Risako

「趣味はフィギュアスケート。見るのも、滑るのも好きです」と真千子さん。毎週のようにリンクで練習に励み、大会にも出場。「笑顔もだいじなスポーツなので、歯並びが整って自信が持てるようになりました」。ALIGN COUTURE DENTAL OFFICEは名古屋市内の自宅からもアクセスがよく、夜の治療も対応してくれることも魅力。「このクリニックに通う時間は、部活や習い事で忙しくなった子どもたちと唯一ゆっくり会話できる時間でもあるんです。帰りにみんなで食事をするのも楽しみなんですよ」うれしそうに語ってくれました。

同じ執筆者の記事はこちら

監修者

インビザラインカファルティ*医療法⼈きらめき理事⻑
アラインクチュールデンタルオフィス名古屋院院⻑

⽵内 敬輔 Keisuke Takeuchi

20年の矯正治療経験を持ち、インビザライン1,900症例を含む4,900症例(2022年5月現在)を手がけている。その経験の豊富さからインビザライン関連の講演を多数行なっており、日本だけでなく海外のドクターたちに対しインビザライン治療の教育をおこなっている。 *インビザラインカファルティとは インビザラインを⾏う先⽣⽅の指導を⾏うポジション (2022年3⽉現在国内22名)

同じ監修者の記事はこちら

ご相談は矯正治療のスペシャリストに
まずは当院の特徴を知ってください。

当院の紹介

当院では、矯正治療のスペシャリストが
あなただけの治療を行います。

インビザライン矯正治療の
スペシャリスト